コンテンツ

  • ホーム
  • 教育方針
  • 沿革
  • 保育環境
  • 幼稚園の一日
  • 保育内容
  • 年間行事
  • 未就園児教室わんぱくパーティー
  • 2歳児教室モモちゃんクラブ
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

リンク

  • どんぐりクラブ

年間行事

4月 入園式、はなまつり
5月 開園記念日、春の遠足
6月 時鐘会(時の記念日)お地蔵まつり
7月 七夕リズムの日、一夜会(年長一泊保育)、みたままつり子供盆踊り大会
8月 未就園児プール開放、夏期保育
9月 お月見まつり、入園説明会
10月 運動会、入園願書配布、芋ほり
11月 入園願書受付、みのり祭(バザー)、七五三合同祝い、日米もちつき大会
12月 成道会、成道会発表会
1月 一日体験入園
2月 節分会、作品展(絵画・造形)、茶会(年長組)
3月 さよなら遠足(年長組)、卒園式、保護者会
6月10日の時の記念日にちなみ、子供たちと時間の大切さについて考えます。園児全員が宗仲寺の鐘楼をつきます。「座間音頭」にも歌われている通り、むかし宗仲寺の鐘は、朝・昼・夕と地域に時間を知らせる為の合図でもありました。人々は田畑にいて"ゴォ~ン"という鐘の音を聞くと、その日の仕事を終えて帰宅していました。
毎朝、園児たちが登園して最初に手を合わせあいさつする宗仲寺の延命地蔵の御前にて、年に一度こころ改めて祈る「お地蔵まつり」。すべてのいのちの根源は「大地」です。この生命の資源である大地は正に"いのちのお蔵"で、大自然に対し感謝する象徴とされているのが「お地蔵さま」です。
当園の盆踊り大会は、唯の夕涼み会ではなく、お盆に因み各家のご先祖を子供たちのかわいらしい踊りでお迎えする盆踊り本来の姿です。全園児がかわいい提灯をもち、やぐらを囲みご先祖の無事を祈るセレモニーも行います。
「どうすれば全ての人々が幸せになれるのか」お釈迦さまは考えられ、長い間苦しい修行をされました。しかし、体を苦しめるだけではいけないと気づき、村娘のスジャータから牛乳粥をもらい、大きな木の下に座ってじっと考え込まれました。そして座り始めてから7日目の明け方、「人々が幸せになる為には、苦しみや悩みを乗り越えて、物事の本当の姿を見極め、それに従って正しい見方・考え方をして生きること」とひとつの考えが生まれました。それが12月8日のことで、この日をお釈迦さまの悟りの日『成道会』としてお祝いします。